塗装の質問

Q、床パネルの裏側も塗装したほうが良いのでしょうか。
パネルハウスの床パネルの裏側も塗装すべき?

A、耐久性から、できれば床パネルの裏側も塗装した方が良いです。
完成後には塗りにくい箇所なので、床組立時に塗装を。

Q、塗装は組立前と組立後どちらが良いのでしょうか?

A、細部までの塗りやすさから、塗装は組立前に。
外壁材などは水平に置いて塗装した方が塗りやすいです。
屋根の軒裏も塗りやすく、組立前の方がムラになりにくく仕上がりもよくなります。

Q、3627に必要な塗料は何リットルですか。
また、その量は余裕があるものでしょうか。

A、3627に必要な塗料量は8リットル程度です。
一回塗りとして量的には少し余裕があります。
各キットに必要な塗料量は下記のとおりです。
1818、1827、2718、2727:3.4リットル×1缶
2736、3627、2745、3636、3645、4536:3.4リットル×2缶
2754~2790、3654~3681、4545~4572:3.4リットル×3缶
2799、3690、3699、4581、4590、4599:3.4リットル×4缶

Q、Liteタイプにステイン系の塗装をしても防腐は大丈夫?

A、構造用合板への塗料の選定についてはステイン系でも問題ございません。
含浸タイプのステイン系も十分な防腐効果が得られます。
効果の持続は再塗装の頻度です。

Q、2色にしたいので、ウォルナットで塗装した部分をホワイトに自分で塗り替える場合、色がきれいにのるものでしょうか?

A、ステイン系塗料は、重ね塗りで塗料のノリがあまりよくないです。
色分けする場合は、あらかじめ塗り分け計画を立てて塗装を。
再塗装するときは、塗装が劣化していて重ね塗りが可能です。

Q、屋外木製品塗料は色々なメーカーで市販されています。
どこのメーカーのものが一番耐久性があるのでしょうか。

A、濃い色の方が長持ちする傾向はありますが、メーカーによって耐久性に大きな差はないです。(一部の高価な塗料は試用してませんので不明ですが…。)
塗料性能もありますが、塗りなおしの回数が木材耐久性の決め手です。

Q、母屋の屋根と合わせた色にしたいのですが屋根色は選べませんか。
また、ペンキなどの塗装は可能ですか。
木製キットハウス小屋の塗装について

A、屋根材のアスファルトシングルはグリーン、グレー、イエローからお選びいただけます。
アスファルトシングルはメーカーで塗装済みの商品です。
メーカー説明では塗り替えはできません。

Q、室内や強化床材は塗装した方が良いですか?

A、室内は腐朽菌の影響を受けにくいので塗装はお好みで。
塗装する場合は必ず「室内用」の塗料を使用してください。
強化床材は防腐処理をしてません。
防腐処理は室内より屋外に接する床パネルや床板裏に。

Q、薄透明塗装とベタ塗りの塗装の違いは?

A、木部塗料は大きく分けて「ステイン系」と「ペンキ系」に分かれます。
ステイン系は塗装面の木素材に半透明塗料を含侵させるタイプです。
塗装面の下地(木目)が少し見えたまま仕上がります。
ペンキ系は塗装面の上に塗膜面を作り、木部をコーティングするタイプです。
下地は見えなくなり、まったく違う色に塗り替える事も可能です。
近年品質が向上してますが、「ペンキ系塗料」はやや劣化が早いので頻繁な塗り直しを。

Q、破風板が木材なので腐るということはないのですか?
塗装も他の部分同じで問題ないのですか?

A、破風板だけが早く腐食が進むことはあまりありません。
ただし、雨に濡れる場所で塗装の劣化が早い場所です。
塗りなおしの回数を頻繁に。